小雪〜冬至 作品展示のお知らせ November 28, 2018

【作品展示のお知らせ】
東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
石の彫刻家・北川太郎の作品を展示しています。
小さな石片をひとつずつ丁寧に積み上げ、時の重なりをイメージさせる作品群です。
エントランス:『時空ピラミッド』
ホール:『時空ピラミッド』
鴇の間:『時空ピラミッド』
瓶覗きの間:『時空ピラミッド』

穀雨〜立夏 季節の設えのお知らせ April 24, 2018

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
穀雨〜立夏(4月下旬〜5月上旬)にかけて、端午の節句にちなんで兜を展示しています。
季節の植物とのコラボレーションをお楽しみください。

立春〜穀雨 作品展示のお知らせ February 5, 2018

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
立春〜穀雨(2月上旬〜4月下旬)にかけて、竹作家・金丸正江の作品を展示しています。
季節の植物とのコラボレーションをお楽しみください。
展示スペース:エントランス、ホール、鴇の間、瓶覗きの間

冬至〜立春 作品展示のお知らせ December 30, 2017

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
冬至から立春(12月末〜2月初旬)にかけて、彫刻家・桐山征士の作品を展示しています。
正月や節分の設えとのコラボレーションをお楽しみください。
展示スペース:エントランス、ホール、鴇の間、瓶覗きの間

大雪〜冬至 作品展示のお知らせ December 10, 2017

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
大雪から冬至(12月上旬〜12月下旬)にかけて、彫刻家・北側太郎の作品を展示しています。
クリスマスの設えとのコラボレーションをお楽しみください。
展示スペース:エントランス、ホール、鴇の間、瓶覗きの間

寒露〜大雪 作品展示のお知らせ October 10, 2017

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
寒露から大雪(10月中旬〜12月上旬)にかけて、版画家・染矢義之の作品を展示しています。
秋の植物と徳利・お猪口とのコラボレーションをお楽しみください。
展示スペース:エントランス、ホール、鴇の間、瓶覗きの間

立秋〜秋分 作品展示のお知らせ September 12, 2017

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
立秋から秋分(9月中旬〜10月上旬)にかけて、ガラス作家・佐々木龍彦の作品を展示しています。
秋の植物とのコラボレーションをお楽しみください。
展示スペース:エントランス、ホール、鴇の間、瓶覗きの間

芒種〜立秋 作品展示のお知らせ July 9, 2017

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
芒種から立秋(6月中旬〜8月中旬)にかけて、ガラス作家・添田亜希子の作品を展示しています。
瑠璃色に銀糸をイメージした花器や、日本酒にぴったりな冷酒グラスなど、涼しげな作品がご覧いただけます。
エントランス:『墨 雨だれの
ホール:『虹色の大鉢』『瑠璃の水差し』『夜のとばり冷酒グラス』
鴇の間:『宵のかがり あわせ花器』
瓶覗きの間:『銀糸 墨色の花器』

春分〜清明 作品展示のお知らせ February 2, 2017

2月3日は節分、そして2月4日からは二十四節気七十二候が一巡して、立春の季節が始まります。 東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
立春から清明(2月上旬〜4月中旬)にかけて、漆作家・渡邊希の作品を展示しています。
乾漆という伝統技法を用いながらも、モダンで艶のある立体作品です。
エントランス:『乾漆 紋紗の花器
ホール:『女こゝろ』『乾漆 紋紗の花器』
鴇の間:『女こゝろ
瓶覗きの間:『由』
(技法:乾漆、素材:漆、麻布、地の粉)

IMG_8362IMG_8342IMG_8335

作品展示のお知らせ November 27, 2016

img_6870 img_6868 img_6878 img_6875

【作品展示のお知らせ】
東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
石の彫刻家・北川太郎の作品を展示しています。
3ミリほどの小さな石片をひとつずつ丁寧に積み上げ、時の重なりをイメージさせる作品群です。
エントランス:『時空ピラミッド』
ホール:『時空ピラミッド』
鴇の間:『時空ピラミッド』
瓶覗きの間:『時空ピラミッド』