新年のご挨拶/作品展示のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。

昨年度は東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」での 作品展示を中心に、様々な活動を開始した一年でした。
今年も皆様にアートと生活の関わりを軸に、ご紹介を続けて参りますので、
引き続きよろしくお願いいたします。

作品展示のお知らせ

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」では、
新しい年を迎えるにあたり、作品の展示替えを行いました。
金属造形作家・桐山征士の作品を店内の様々なスペースで展示しています。

エントランス:富士
ホール:鶴
鴇(とき)の間:華
かめ覗きの間:雪原

ガラス張りのファサードや、店内の御簾越しに展示された作品を
美味しい日本料理とともにぜひお楽しみください。

IMG_1286

IMG_1226

作品展示のお知らせ(Tokyo Station Hotel B1F・しち十二候)

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」

作品展示のお知らせ

作品の展示替えを行いました。
今回は3名の金属造形作家の作品を展示しています。

雪輪紋灯り(銅):美濃口麻里

白波(鉄):桐山征士

花入れ(錫):武田享恵

ガラス張りのファサードや、店内の御簾越しに展示された作品を
美味しい日本料理とともにぜひお楽しみください。

作品展示のお知らせ(Tokyo Station Hotel B1F・しち十二候)

東京ステーションホテルB1F 日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」

作品展示のお知らせ

冬の深まりとともに、作品の展示替えを行いました。
今回は、日本画家で、立体や映像作品の制作なども手がけるなど多彩な活動を繰り広げている
四宮義俊(Yoshitoshi SHINOMIYA)による新作です。

エントランスのファサードや、店内の御簾越しに展示された作品を
美味しい日本料理とともにぜひお楽しみください。

IMG_1130

作品展示のお知らせ(Tokyo Station Hotel B1F・しち十二候)

10月3日にリニューアルオープン1周年を迎えた東京ステーションホテル。

そのB1Fにある日本料理店・丸の内一丁目「しち十二候」にて、
作品の展示・キュレーションを行っています。

現在展示されているのは、青白磁作家・加藤委(Tsubusa KATO)と、
金属作家・武田享恵(Takae TAKEDA)の作品。
エントランスのファサードや、店内の御簾越しに展示された作品を
美味しい日本料理とともにぜひお楽しみください。